知ってると便利なカードローン返済のアレコレ

カードローンを利用したい場合には、各カードローン業者の金利をしっかり比較することが重要です。原則としてカードローンを利用する場合には、利息がかかりますので、金利ができるだけ低いカードローン業者を選ぶと良いのです。しかし、金利には幅がありますので、上限から下限までのどの金利が適用されるのか、またその適用される金利を元にどのように計算すれば良いのか分からない、という人も多いかもしれません。金利の比較を...

カードローンを利用したことの無い人は初めてお金を借りる時に、毎月の返済金額はいくらになるのか、いつまで返済を続けなければならないのか、生活費に負担は出ないのかなどの不安がよぎるものです。そのような人にとって心強いツールがあり、それが「返済シミュレーション」です。返済シミュレーションを使うと、実際にお金を借りた場合毎月の返済金額はいくらになるのか、利息はいくら支払うことになるのか、完済までに何回返済...

皆さんは、カードローンの返済には時効というものがあるのをご存知でしょうか?消費者金融や銀行などのカードローンを利用した場合、債権者である消費者金融などが債権回収を行わなくなった日から5年目が時効となっています。つまり借入した本人、即ち債務者が返済を怠り、債権者である貸付側が5年間債権(貸付金)を回収する行動に出なかった場合、債権そのものがなかったことになり、債権者側は回収できなくなるし、債務者側も...

カードローンの返済に行き詰まりを感じた場合、どのように対処をすればいいでしょうか?行き詰まりといっても、人それぞれ状況は違うと思うので、いくつか事例を出して対処法を紹介しようと思います。まず、その月だけ返済が厳しい場合には、担当者に連絡して今月分は金銭的に苦しいので、来月からしか返済できないという旨を伝えましょう。延滞金がつくことになりますが、担当者が相談に乗ってくれ、返済期日の変更など無理のなり...

カードローンの返済において、返済期間途中に一括で返済することを「一括返済」あるいは「繰り上げ返済」と言います。多くの方はできるだけ速やかに一括返済し、利息を節約したり返済の煩わしさから逃れたいと考えているはずですが、なかなか一括返済に踏み切れるような金銭的余裕が持てず、実行に移せないことも多いでしょう。ただ、それでも返済期間ギリギリまで返済を続けるよりは、早めの段階で一括返済できれば本当に総返済額...

借入したお金を、決められた期日に返済できないことを「滞納」といいます。例えば(返済方法に口座引落を選択していて)口座のお金が約定日に不足していたり、(ATMでの返済を選択していて)入金時間に間に合わなかったり、といった理由で返済できないこと、これが滞納です。万一滞納をしてしまった場合は、銀行カードローンなら保証会社から、消費者金融系カードローンならその金融会社から、未払いを知らせる通知(封書・電話...

カードローンの返済期間は、人によって様々です。借入金額によっても返済期間は変わりますし、返済方法が違えばそれも同じです。つまり、一概に「この期間で終わる」とは言えないのです。ですが、返済期間が短いほど金利も安くなりますので、早く返済した方が良いのは確かです。反対に、借入期間が長いほど金利もどんどん上げっていきますので注意が必要です。カードローン会社の中には、1週間や1ヶ月といった特定の期間内の返済...

カードローンの返済方法の基本的な基礎知識について、簡単にご説明していきます。カードローンの返済は基本的に、月に一度、決められた日に決められた額を納めていくという方法になります。この支払いを行う日のことを「約定日」と呼び、この定期的な返済方法のことを「約定返済」といいます。この約定返済が、ほとんどのローンやクレジットにおいて返済手段として採用されています。この約定返済のような定期的な返済ではないケー...

いろいろな事情が重なって、カードローンを期日通りに支払えないこともあると思いますが、そういう場合はどのように対応すればよいのでしょうか。まず、そのまま放っておかず、約束どおりに支払えないと分かった段階でローン会社に電話を入れましょう。前もって支払いが遅くなることを伝えれば、督促の電話も来ませんし、支払の意思はあると分かってもらえます。もっとも、電話を入れても延滞の記録自体は付きますので注意して下さ...

ローンの返済、借りたものは返さなければいけないですが、気が重くなるものですね。そんなカードローンの返済の負担を少しでも軽くしたい、そう思うのならカードローン会社を慎重に選ぶ必要があります。絶対的におすすめできるのは低金利のカードローン会社を選ぶことです、やっぱり金利負担は大きいですからね。支払総額を考えると圧倒的に低金利のカードローン会社に軍配が上がります。しかしここには隠れた落とし穴があるんです...