カードローンの支払が遅れてしまう場合の対応

いろいろな事情が重なって、カードローンを期日通りに支払えないこともあると思いますが、そういう場合はどのように対応すればよいのでしょうか。

 

まず、そのまま放っておかず、約束どおりに支払えないと分かった段階でローン会社に電話を入れましょう。前もって支払いが遅くなることを伝えれば、督促の電話も来ませんし、支払の意思はあると分かってもらえます。

 

もっとも、電話を入れても延滞の記録自体は付きますので注意して下さい。また、支払期日に遅れてしまうと、当然ですがそのカードローンで借り入れをすることはできません。

 

通常、遅れた分を入金すれば再度借り入れを利用できるようになりますから、なるべく早く入金するようにしましょう。概ね、1日滞納しただけでも、3か月程度の利用停止になる場合が多いので、入金滞納を解消した後にすぐ再利用したい方は、いつから借り入れを再開できるのか聞いておいた方がよいと思います。

 

支払期日前に相談すれば先延ばししてもらえる場合がある

 

消費者金融系のカードローンですと、支払日前に相談すると支払い期日を先延ばししてもらえるケースがあります。黙って滞納し、金融業者から連絡が来るまで放置しているようではダメです。

 

支払い日から1週間以上も経過してしまうと請求の電話が頻繁にかかってくるようになり、支払日の相談どころではなくなります。

 

支払いが遅れそうなときは、できるだけ早く支払日の相談をして、少しでも早く支払いをするよう努力することが重要です。

 

返済が遅れたら厳しく取り立てられる?

 

テレビドラマの影響で、返済が遅れると厳しい取り立てに遭うというイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

しかし、今は貸金業法による規制がありますので、貸金の請求も常識の範囲内で行われており、夜中に家に押しかけてくるとか、仕事の邪魔をされるというようなことはありません。

 

違反すると金融業者に対する処分が行われ、営業ができなくなることもあるので、違法な取り立てをする業者は滅多にいなくなりました。

 

もちろん、だからと言って支払いに遅れてもよいというわけではなく、約束通りに返済することが重要です。