カードローンの返済期間について

カードローンの返済期間は、人によって様々です。

 

借入金額によっても返済期間は変わりますし、返済方法が違えばそれも同じです。つまり、一概に「この期間で終わる」とは言えないのです。ですが、返済期間が短いほど金利も安くなりますので、早く返済した方が良いのは確かです。

 

反対に、借入期間が長いほど金利もどんどん上げっていきますので注意が必要です。カードローン会社の中には、1週間や1ヶ月といった特定の期間内の返済ならば無利息でできるというサービスを提供してくれています。

 

そういったサービスを使えば、借りた金額だけを返済すれば良いのでとてもお得に使えます。

 

金利を安く済ませたいなら一括返済が効果的

 

安い金利で済ませるには一括返済も効果的です。他には通称リボ払いと言われているリボルビング払いがあります。この場合は毎月決められた金額を返済していく方法で、借入額が小さい時には返済期間も短く、金利も安く済ませられるので便利です。

 

ですが、反対に借入額が大きいのに月々の返済額を少なく設定してしまうと、元金部分の返済も少なくなってしまうので、返済期間もどんどん長くなってしまいます。

 

これでは長くなった分金利も多くなってしまって負担になってしまいます。そうならない為には、リボ払いの中でも残高スライド方式を選ぶと良いでしょう。この方式では、残高に合わせて返済額が決まるものとなっているので、普通のリボ払いよりも返済期間が短いので金利も安くて済みます。

 

何度も延滞を繰り返すとカードローンの利用ができなくなる

 

このように返済期間と金利は密接に関わりがあるので、その事を忘れずにカードローンを利用していくのが大切です。なので、カードローン返済の約定日に遅れてしまうなんてことは絶対していはいけません。

 

確かに数日の延滞で一回目であるならば、影響がない場合もあれば、借入を止められても延滞分を返済すると再度使用できるようになる場合も多いです。

 

とはいえ何度も延滞を繰り返したりしてしまうと、カードローン利用が出来なくなってしまいます。やはり、約定日にしっかり返済するのが大前提なのです。