カードローンに申込む前に返済シミュレーションの利用が必須

カードローンを利用したことの無い人は初めてお金を借りる時に、毎月の返済金額はいくらになるのか、いつまで返済を続けなければならないのか、生活費に負担は出ないのかなどの不安がよぎるものです。

 

そのような人にとって心強いツールがあり、それが「返済シミュレーション」です。返済シミュレーションを使うと、実際にお金を借りた場合毎月の返済金額はいくらになるのか、利息はいくら支払うことになるのか、完済までに何回返済を繰り返すのかなどの数値が明確に表示されます。 

 

そして、最近の消費者金融ではホームページに返済シミュレーションのツールを備えていることが一般的になっています。また、ホームページのオープンページに備えられているので誰でもアクセスできますし、カードローンに登録していなくても自由に利用できます。

 

返済シミュレーションツールの利用方法

 

利用方法も簡単で、返済シミュレーションのボタンをクリックするとシミュレーション用のページが開き、借入金額や返済回数、金利などの項目欄に数値を入力すると、瞬時に結果が表示されます。事前に返済シミュレーションを利用して返済の内容が把握できていれば、安心してカードローンに申込むことができます。

 

ところで、返済金額は当然、借入金額や貸出金利によって違ってきますが、元利均等払いやリボルビング払い、残高スライド払いなど、返済方式によっても微妙に変わってきます。そ

こで、何社かの消費者金融の返済シミュレーションを使って同じ借入金額、同じ金利、同じ返済回数を入力して表示された数値を見ると、どのカードローンが一番お得なのかが分かります。

 

現在のカードローンは実質年率方式で計算されているため、元金が減っていく毎に利息額も減っていくことから、利息を計算するのが非常に面倒になっています。返済シミュレーションはそんな面倒な計算を瞬時に行い、1回目から完済回までの返済の詳細を教えてくれます。カードローンの利用者にとっては最も価値の高いサービスになっています。