カードローン、返済を延滞したらどうなるの?

借入したお金を、決められた期日に返済できないことを「滞納」といいます。

 

例えば(返済方法に口座引落を選択していて)口座のお金が約定日に不足していたり、(ATMでの返済を選択していて)入金時間に間に合わなかったり、といった理由で返済できないこと、これが滞納です。

 

万一滞納をしてしまった場合は、銀行カードローンなら保証会社から、消費者金融系カードローンならその金融会社から、未払いを知らせる通知(封書・電話など)が届きます。

 

そして、滞納をすると、滞納(返済延滞)したという記録が、利用している金融機関はもちろん、個人信用情報機構にもデータとして残されます。

 

滞納してしまうと次回の借入れが不利になる

 

金融機関で借入をする際に受ける審査では、必ずこうした情報がチェックされるため、滞納などのトラブル (事故情報)をデータに残してしまうと、次回の借入に悪影響を及ぼしかねません。

 

例え故意ではなく、「うっかり忘れてしまった」「時間を間違えた」という単なるミスであっても、滞納は滞納です。絶対にしないように注意しましょう。

 

とはいえ、返済を1回忘れてしまったところで、すぐに厳しい取立があったり、罰則があったりするわけではありません。「返済忘れ1回」「数日程度の延滞」くらいなら、何らかの事情があったのだろうと考慮してくれる金融機関が多いので、必要以上に恐れることはないでしょう。

滞納の記録はプラスにはならない

 

ですが、延滞の記録は決してプラスになることはありません。

 

それに、もしも延滞を繰り返してしまうようなことがあれば、借入そのものを拒否されることもあると覚えておきましょう。

 

また、カードローンの返済で延滞をすれば、“遅延損害金(いわゆる迷惑料)”が 、期日から遅れた日数分かかり、返済の負担が増してしまうので、遅れることなくキチンと返済することを心がけてください。