カードローンの返済に行き詰まりを感じてしまった時は?

カードローンの返済に行き詰まりを感じた場合、どのように対処をすればいいでしょうか?行き詰まりといっても、人それぞれ状況は違うと思うので、いくつか事例を出して対処法を紹介しようと思います。

 

まず、その月だけ返済が厳しい場合には、担当者に連絡して今月分は金銭的に苦しいので、来月からしか返済できないという旨を伝えましょう。

 

延滞金がつくことになりますが、担当者が相談に乗ってくれ、返済期日の変更など無理のなり返済方法を提案してくれることがあります。

返済に困ってる時は、嘘をついたり連絡を無視したりは絶対しない

 

ひとつ注意しなければならないことは金融会社や銀行に対して嘘をつかないことです。このようなことを信頼を失くすことになり、カードを停止させられてしまうこともあります。また復活させようとしても時間がかかります。

 

また、連絡をしなかったり、連絡があったのにそれを無視するようなことも絶対あってはいけません。連絡を無視してしまうと、勤務先や保証人など様々なところに連絡をされてしまうことになります。

 

こういったことは、後々自分が困ることになるので、困ったときは正直に自分の状況を伝えるようにしましょう。

 

複数ローンで困ってる人はおまとめローンや借換え

 

また、返済が今月だけでなくこれからも見通しが経たない場合、複数のローンがある人は、おまとめローンや借り換えなどを利用するという方法があります。これを利用することで一括返済が可能になります。

 

これは金融会社や銀行によって条件が異なるので、詳細については各機関に問い合わせをしてみてください。このようなシステムを使うと、金利が今利用しているローンよりも低くなって、返済の総額が少し減るというメリットがあります。なので、どうしても困った時は返済のためだけに乗り換えるのも賢明な方法と言えるかもしれません。

 

返済のみのローンであれば、返済するだけでそのローンからお金を借りることができないようになっているので、また借りてしまったということもありません。返済のみということで、金利が低いのも魅力の一つです。

 

返済に行き詰まりを感じたら、正直に相談して、置かれた状況に合った返済プランを立てるようにしましょう。