カードローンを借り換える上で注意しておきたいこと

複数のカードローンを一本化しようと考えている人は、カードローンを上手に利用している人といえます。

 

しかし、一本化するにあたってそのメリットにのみ注目している状態ではありませんか。一本化するのはとても賢い方法で、多くの利用者にお勧めしますが、デメリットもあることを認識すればもっと賢くカードローンを利用することができます。

 

初回利用の審査より審査は厳しい

 

カードローンをはじめて申し込んだとき、なんの問題もなく審査をパスしたので、今回も簡単にパスできるとは考えていないでしょうか。もちろんなんの問題もなければパスします。しかし、初めてカードローンを申し込んだときと現在では状況が違います。

 

はじめはどのカードローン会社からも借入は無かった状態ですが、現在は複数社から借り入れている状態です。審査の内容は初回とあまり変わりませんが、パスするには複数社からの借入状況と利用希望者の返済能力に大きく左右されることになります。

 

例えば収入に見合わないほどの借入をしていると判断されてしまった場合には、申し込んでもパスできない能性が高くなります。カードローン会社としては、返済が滞るような状態になりそうな人との取引はしたくないので、初回の審査よりもより詳しく審査しているのです。

 

しかし、パスするかどうかは申し込んでみないとわからないことですから、まずは利用を検討しているカードローン会社に問い合わせみるのがいいと思います。

 

安心しすぎてしまう

 

借り換えをして利息を引き下げることに成功したら安心してしまい、また他で借りてもいいよねなどと考えることは危険です。月々の返済が軽くなったとはいえ、借りたお金が減ったわけではありません。

 

あくまで金利が低くなって、支払うお金が少し減っただけだということを忘れないでください。金利が減った分を使わずに貯蓄して、ある程度まとまった金額になったら繰り上げ返済をし、借入残高が減ってから新たな借入を検討するようにしましょう。