カードローンの借り換えは、銀行のカードローンがオススメ

複数のカードローンを利用していてそれらの返済に困ったときに助かるのが、ローンの借り換えというシステムです。

 

多くのカードローン会社が借り換えに対応していて、最近では銀行のカードローンでも借り換えができる会社が増えています。その銀行のカードローンへの借り換え、どのようなメリットが考えられるでしょうか。

 

支払う利息を減すことができる

 

銀行のカードローンの借り換えは、他のカードローンの借り換えと同じように支払う利息を減らすことができます。複数のカードローンをまとめたことで、利息制限法の下その借入れにかかる金利を下げることができるからです。

 

借り換え前と同額を月々に返済することになったとしても、かかる金利の値が小さいため、結果として支払い総額を減らすことができるのです。

 

総量規制対象外だから、高額な借入れ金額にも対応

 

銀行のカードローンは、他のカードローンと異なり総量規制の対象外になります。総量規制とは、借入れできる額は年収の3分の1までと法律で制限されていることを指します。これは、消費者金融からの融資を受けるときに適用されます。

 

複数のカードローンを一括し借り換えをしようとすると、借入れ額が高額になるのは自然なことだと思います。消費者金融で借り換えをしようとした場合、借入れ額が高すぎると総量規制によってその全額を借り換えすることができないことになります。

 

一方銀行のカードローンは総量規制の対象外ですので、借入れ額の上限を気にすることなく借り換えをすることができるのです。補足しておくと、そのためにはカードローンの審査を受け、それにパスすることが大前提になります。

 

安心・安全な借り換えができる

 

銀行のカードローンへの借り換えは、なにより安心・安全です。銀行ならではの実績と信頼があるからです。カードローン会社の中には悪徳業者も多く存在します。

 

悪徳業者のカードローンを利用すると、トラブルに巻き込まれる事態も考えられます。銀行のカードローンならば、そのような事態を回避できるのは明白です。大きなリスクを背負わずに借り換えができるのは、銀行だからだと思います。