利息を減らせるカードローンの借り換え

現在カードローンを使っている方は、月々の元金の支払に加えて発生する「利息」を減らしたい人が多いと思います。

 

金利が小さいカードローンを契約することがまずは考えられます。続いての選択肢は、限度額を高くしたカードローンを契約して借り換えるという方法が挙げられます。

 

つまり、A社とB社など、複数のカードローンを契約して、その限度内で運用している場合、新たにC社でカードローンを契約して、A社やB社で借りている分をC社の一つのカードローンにまとめることで、金利や利息の負担を小さくすることが可能になります。

 

金利・利息が減る仕組み

 

その場合の具体例を示したいと思います。

 

もし、A社で100万円借り入れをして、B社では50万円の借り入れをしているとします。この場合、借り入れをした金額に利息制限法に基づいた金利が加算されます。

 

10万円未満:上限利率が年利で20.00%
10万円〜100万円未満:上限利率が年利で18.00%
100万円以上:上限利率が年利で15.00%

 

というのが利息制限法で定められている金利になります。

 

これらの金利を元に計算しますと、A社は150,000円の利息が、B社は90,000円の利息がつくことになり、返済金額とは別に合計で240,000円の利息の負担をしなければなりません。

 

もし、ここでカードローンの借り換えをしてみるとします。この場合は、借入金額が150万円ということになり、先に出てきた利息制限法という法律に基づいた金利で計算してみると、以下のようになります。

 

借入金額が 100万円+50万円=150万円

 

利息が 150万円×15.00%=225,000円 となります。 

 

借り換えをしない場合の利息と借り換えをした後の利息の差額は、なんと15,000円になり、案外見過ごせない金額になります。

 

今回の例は、利息制限法という法律の上限利率を元にした結果ですが、カードローンの会社によっては、カードローンの借り換えを考えている方向けのカードローンとして、利息を他の契約よりも金利を低く設定している会社もありますので、一度カードローンの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。