カードローンを一本化することによるデメリットとは?

複数のローン会社から借入していた場合、毎月の返済が面倒であったり、また1つ1つに金利がかかるので支払う利息が多くなってしまいます。

 

そのためローンを一本化すると返済が楽になったり金利が低くなって返済額が少なくなり、また返済する金額を把握できやすくなり計画を立てやすくなるのです。

 

これらはとても大きなメリットですが、ローンの一本化はメリットだけではなく、デメリットもあるということも知っておく必要があるのです。

 

金利が低くならないことも

 

複数の借入を一本化する最大のメリットは低金利で利用出来るようになるという事です。複数の借入をしていると利息の支払いだけで辛くなってしまう人も多いのです。

 

しかし実際におまとめローンなどを利用して一本化しても、実際にあまり金利が変わらないと言う場合もあります。申込みする前にカードローン会社に金利について相談してから申込みしてみる方が安心かもしれません。

 

審査が厳しくなってしまう

 

おまとめローンなどローンを一本化するという事はそれだけ一か所からの借入金額が多くなってしまうということです。そうなると審査は通常よりも厳しくなってしまう場合もあります。

 

金利が低い金融機関から借入したいと誰もが望むと思いますが、金利が低い金融機関ほど審査に受かるのは難しくなってしまうのです。

 

借入件数があまり多いと審査にひっかかってしまう可能性もあるので、一本化する前に借入件数を1つでも減らしておくという方法もあります。

 

騙されないように

 

複数の借入をしていると、借金で首が回らなくなって返済が厳しくなってしまう人も多いと思います。そんな時低い金利でローンを一本化しませんかと持ち掛けてきたり、あまり聞いたことがないような金融機関であれば怪しく思ったほうがいいでしょう。

 

ローンで困っている人の足元をみて、低金利とうたって簡単に貸出し、後で法外な金利で取り立ててくるような悪徳業者も多いのです。審査が厳しくとも知名度の高い銀行などが安心でしょう。