複数借入先からの借金を1つにまとめることは数多くのメリットがある!

複数の金融会社からの借り入れを1つの借入先に集約させること、このことのメリットは実に多いものです。

 

今回はそんな複数の借り入れをまとめることにどんなメリットがあるのか、具体的にご説明したいと思います。

 

利息を減らすことで返済負担を軽減できる

 

複数借入先に返済を行っている方の場合、各返済ごとに支払う利息はかなりまとまった金額になり、なかなか元本を減らせない状態に陥っているはずです。

 

しかしそれらを1社にまとめることができれば低い金利が適用され、利息をかなり減らすことができる可能性が高くなります。そうすると月々の返済負担も軽減され、完済までの道のりを短くすることもできます。

 

返済プランが明確に見えてくる

 

複数の借り入れを返済している状態では、その数だけ返済日や返済金額を常に把握しておくことだけでも大変ですし、金利が嵩んでしまうと一体どれだけの元本が毎月減っているのかも管理し辛くなります。

 

1つにまとめることで返済日の把握が楽になるだけでなく、どれだけ返済が進んだのかが自分ではっきりと認識できるようになるため、返済プランを立てやすくなります。

 

社会的信用を高めることができる

 

いくつもの借入先から融資を受けていることは、実は社会的な信用を低めることでもあります。

 

借入総額も問題となりますが、それよりも社会的信用をチェックされる際に大きな比重を占めるのは、借入件数なのです。しかし全ての借入を1件だけにまとめることができれば、低下してしまった。社会的信用を高めることができるかもしれません。

 

借入を1つにまとめる際には、どの借金も完済した上で、その返済に充てた金額をおまとめローン1件で払っていくという扱いになるため、借入先が1件だけならば社会的信用は回復する見込みがあるのです。