借入件数が複数あって辛い時は一つにまとめよう

カードローンは便利なものですが、借入件数が複数になると大変です。

 

借入をしている金融機関のそれぞれに対して返済をしていくことになりますので、常に返済に追われてしまうような状態になってしまうからです。そのような状態になってしまうと辛い生活を強いられてしまうことになります。

 

できれば、少し苦しくなってきたと思う前ぐらいに、一つにまとめるような方法を検討するべきでしょう。今辛い生活を強いられているという場合も、すぐに検討した方が良いです。

 

借入れを1つにまとめるのが良い理由

 

借入を一つにまとめるとなぜ良いのかというと、返済先が一つになるということと毎月返済する金額が少なくなる可能性があるためです。返済先が一つになれば、毎月返済しなければならない日は一日になりますので、まず返済に追われているという切迫感から解き放たれます。

 

また、一つにまとめるという場合には、おまとめローンなどを利用することになりますが、金利が低くなるケースが多いです。金利が低くなるということは、返済する金額が少なくなるということになります。

 

ただし、一つにまとめるということで必ずこの利点を享受できるわけではありません。おまとめローンの金利は業者によって異なりますし、借入する金額の大きさによっても変わってきます。

 

返済を減らすために必要なこと

 

返済額を減らすためには、どの程度の金利が適用されるのかを確認してから契約するようにしましょう。

 

また、そもそもおまとめローンの審査に通らなければまとめることができません。返済が遅れるようになってしまってからでは、審査に通らなくなる可能性が高まりますので、注意しましょう。

 

一つにまとめることができた後は、辛い返済の負担が少し減ったとしても、気を抜かずにきちんと返済計画通りに返済するようにしていくことが肝心です。