若い人に増えているキャッシング カードローンの審査落ち

最近の銀行系や大手消費者金融のキャッシングやカードローンはアルバイトや非正規雇用の派遣社員、主婦、パートタイマーなどでも「一定額の安定した収入があれば」審査も通るようになってきています。

 

ある一定額までなら収入証明も不要でしかも「即日融資」を売りにするところも多くあります。

 

金融会社は審査の判断に信用機関からの情報を使う

 

申し込みをして審査を受ける場合、必ず「信用機関」なるものに対しての情報開示の許可の項目に同意しますが、この「信用機関」とは個人の金融的な信用情報を管理している機関であり、ここに問い合わせることでキャッシング申込者の過去の不払いや金融、信販関係に対しての経歴が分かってしまうのです。

 

キャッシングを取り扱う会社はすべてここで金融的な個人情報を入手し、審査の判断とします。

 

携帯電話の使用料が審査落ちの原因かも?

 

しかし、最近では過去に金融事故を起こしたことがない若い世代の方であっても審査に通らない、という事例が増えてきていると言われています。その原因として考えられるのが「携帯・スマホ」の使用料の不払い、未払いです。

 

通信費自体は金融機関に対しての信用とは関係ないと言われていますが、問題は「機種代」の方なのです。

 

これはいわば「ローン」を組んで毎月通信費と一緒に返済しているのと同じなので、こちらh「通信費」を滞納しているつもりでも、実際はローンの支払が未納になる・・ということになっているのです。

 

これらは昔の「1円携帯」が多くあった時にはあまりなかったことですが、最近ではスマホの普及により機種の代金がローンになっているケースが増えているので、携帯代と言えど注意してきちんと支払うことを心掛けなければいけません。