主婦やフリーターでも即日融資が出来るって本当?!

信じられない!と思う方もいるかもしれませんが、本当です。

 

もちろん100%即日融資が可能という訳ではありませんが、主婦だからフリーターだから絶対に無理ということはありません。

 

一定以上の決まった収入があることが大切で、逆にいうとその条件を満たしていれば主婦やフリーターであっても構わないのです。

 

年収よりも重視される項目

 

「そうは言っても、正社員と比べると不利なのでは?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

 

実は、大学を卒業したばかりで勤務期間半年程度の新入社員よりも、同じ勤務先で5年間アルバイトを続けている人の方が審査に通りやすいという噂があります。

 

要するに消費者金融会社は、正社員かアルバイトかという肩書きや雇用形態の違いよりも「同じ会社できちんと継続して勤務し収入を得ている」という証明の方を重要視し、高く評価するのです。

 

これは年収以上に審査の通貨率をアップさせる項目と言えそうです。しかし、必ずしも「半年しか勤務していないから無理」という訳でもありません。

 

消費者金融会社の審査基準というのは会社によっても違いますし、様々な条件によっても変わってきます。つまり、ケースバイケースです。

 

正直なところ、実際に消費者金融会社で勤務している人たちにも「この条件なら100%大丈夫」といった事を断言するのは難しいのではないでしょうか。

 

せいぜい「80%くらいの確率で通ると思う」といった答えしか得られないでしょう。とりあえず、申し込んでみるしかありません。

 

一定以上の収入の「一定」とは?

 

消費者金融のHPなどで「一定以上の収入…」という文章をよく見かけますが、明確な金額については書かれていません。この「一定」とはいくら以上のことを指すのでしょうか。

 

これ以下の収入ではダメ!という明確な基準があるのなら知りたいところですが、これもはっきりとは決まっていません。

 

月収がいくらか、というよりも月々の返済がいくらか。それは返済可能な金額か。といったことで判断しているようなのです。

 

例えば月収約9万円のパート勤務の主婦が6万円の即日融資を受けたという話もあります。月収約9万円で6万円だと月収とあまり変わらないくらいの額で大きく感じますが、毎月の返済額で考えると4〜5000円くらいです。

 

9万円の月収で月々の返済額が4〜5000円なら、まあ無理な金額ではありませんよね。ということですので、自分の年収では融資してもらえるか不安があるけれど即日融資を受けたい…という場合は、「月々の返済額」に応じて希望額を変更してみるという方法もあります。